〔改葬申請〕樹木葬墓地で改葬申請が必要な場合とは?

Pocket

樹木葬からの墓じまいやお墓の引っ越し

最近、注目されている樹木葬ですが、既存の墓地から樹木葬へ墓じまいやお墓の引っ越しをされる方は増えています。

何故、樹木葬が人気があるかというと、一区画当たりの面積が小さく価格面で支持されている面や、管理面で掃除が楽という点、イメージ的にお墓より明るいところなどです。

その樹木葬ですが、やっぱり既存の一般的なお墓に戻したいというニーズもいずれ出てくるでしょう。

樹木葬墓地は納骨できるスペースが小さく納骨できる人数に限りがある場合があり、代々、同じお墓に入りたいという方は樹木葬から改葬という選択もあり得ます。

そのような場合の改葬申請について記事にしていきます。

遺骨の状態はどうなっているか

樹木葬墓地へ納骨する際にどのような形で埋蔵するのかが問題です。というのは、樹木葬墓地と一言で言っても様々な納骨形態があります。改葬時の遺骨の状態で改葬申請の有無が左右されます。

※樹木葬墓地では土葬は行われていないという前提で解説します。

直接埋蔵型

樹木葬墓地に遺骨を埋蔵する際に、骨壺から取り出し直接、樹木の根元に埋蔵する方法です。

この方法で埋蔵すると、遺骨は土に還ることになり、改葬する際には原形をとどめない状態となります。

骨壺埋蔵型

遺骨を骨壺に入れた状態で納骨する埋蔵です。

骨壺に入れて埋蔵するのは従来の墓地と同じでカロートのような納骨スペースを予め設けておき、将来的に改葬したり散骨することを想定しています。

骨壺に入れておくことで遺骨は永久的に原形を維持し、誰の遺骨なのかラベルを張っておけば後々、判別ができます。

改葬申請の有無

そこで改葬申請がどのような場合に必要になるかというと、骨壺埋蔵型のように遺骨の原型が残り、誰のものか分かるような状態であれば必要になります。

一方で、直接埋蔵型のように完全に原形をとどめていない状態であれば改葬申請は不要です。

このように、同じ樹木葬と言っても遺骨の状態は、納骨形態によって変わってくるために、一律に樹木葬墓地だから必要・不要ということは言うことができません。

改葬申請をせずに改葬をしてしまうとどうなるかは以下の記事でも書いていますのでご参考に

〔無許可改葬〕許可なく改葬するとどうなるか
改葬許可はなぜ必要なのか? 既にお墓や納骨堂に埋蔵、埋葬、収蔵された遺骨や遺体を別の別の墓地や納骨堂に移すことを改葬と呼びます。 改葬は墓じまいの手続きをされた方にとっては聞き覚えがある言葉かと思います。 以前、分骨との関係で記事にしたことがありました。 この改葬...

ここ最近、樹木葬の需要や設置が伸びているようで、こういったニュースが増えています。

生涯未婚率が年々高まり、継ぐ人がいないために先祖の墓が「無縁墓」状態になってしまう、というケースが増

樹木葬は「土に還れる」という印象がありますが、納骨方法によっては土に還れません。

墓地使用規則などで納骨方法が定められいますので生前建墓ならぬ生前建樹をされる際は、予め確認が必要です。

樹木葬墓地を今後設置される予定の宗教法人におかれては、その点を墓地分譲時に使用者へ説明する必要があるでしょう。

どのような納骨方法が主流になっていくのか、まだわからない部分が多いですが樹木葬墓地のことについては今後も取り上げたいと思います。