〔分骨とは?〕改葬との違いについて

Pocket

分骨

多用な葬送の広がりを受けて遺骨の扱いも時代とともに変わってきます。

手元供養をしたい、兄弟がおり分家しそれぞれの墓石を建立するため両方に両親の遺骨を納骨したいなどの理由で遺骨を分けて納骨することを分骨と言います。

何故、分骨を行うのか?

故人を身近に感じたい、感じられる方法が分骨という選択肢として広がっています。

この分骨について改葬とはどのような違いがあるのかなどを紹介していきます。

改葬と分骨

遺骨の取り扱いについてよく比較されますが2つの概念は違います。

改葬は遺体or遺骨を全て別の墓地や納骨堂に移すことで

分骨は遺体or遺骨の一部を別に移すことです。

改葬

改葬は墓地、埋葬等に関する法律によって定められています。

墓地、埋葬等に関する法律

第二条

 この法律で「改葬」とは、埋葬した死体を他の墳墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の墳墓又は納骨堂に移すことをいう。

更に改葬の場合は市町村長への許可が必要になります。

墓地、埋葬等に関する法律

第五条  埋葬、火葬又は改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)の許可を受けなければならない。

そこで準備すべき書類は墓地、埋葬等に関する法律施行規則に定められています。

墓地、埋葬等に関する法律施行規則

第二条  法第五条第一項 の規定により、市町村長の改葬の許可を受けようとする者は、次の事項を記載した申請書を、同条第二項 に規定する市町村長に提出しなければならない。

 死亡者の本籍、住所、氏名及び性別(死産の場合は、父母の本籍、住所及び氏名)
 死亡年月日(死産の場合は、分べん年月日)
 埋葬又は火葬の場所
 埋葬又は火葬の年月日
 改葬の理由
 改葬の場所
 申請者の住所、氏名、死亡者との続柄及び墓地使用者又は焼骨収蔵委託者(以下「墓地使用者等」という。)との関係

 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。

 墓地又は納骨堂(以下「墓地等」という。)の管理者の作成した埋葬若しくは埋蔵又は収蔵の事実を証する書面(これにより難い特別の事情のある場合にあつては、市町村長が必要と認めるこれに準ずる書面)
 墓地使用者等以外の者にあつては、墓地使用者等の改葬についての承諾書又はこれに対抗することができる裁判の謄本
 その他市町村長が特に必要と認める書類

申請書は各市町村で配布しています。

以下の申請書は東京都新宿区のものです。ご参考に。

分骨

一方で分骨は墓地、埋葬等に関する法律に定義されていませんが墓地、埋葬等に関する法律施行規則には触れられていて墓地管理者側と使用者への義務を規定しています。

墓地、埋葬等に関する法律施行規則

第五条  墓地等の管理者は、他の墓地等に焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者の請求があつたときは、その焼骨の埋蔵又は収蔵の事実を証する書類を、これに交付しなければならない。
 焼骨の分骨を埋蔵し、又はその収蔵を委託しようとする者は、墓地等の管理者に、前項に規定する書類を提出しなければならない。
分骨をする場合は、まず埋蔵、収蔵をしている墓地・納骨堂から証明書を取得し、移転先の墓地・納骨堂の管理者にその証明書を提出しなければなりません。
分骨の方が手続き上は簡易で墓地間の書類のやり取りだけで済みます。

まとめ

  • 分骨と改葬の違いは遺骨を全て移すか、一部のみになるか
  • 改葬は市町村長の許可が必要だが分骨は墓地管理者の証明書の取得や提出になる

シェアする

フォローする

友達限定で非公開ブログのパスワードを配信予定

友だち追加