〔無許可改葬〕許可なく改葬するとどうなるか

〔無許可改葬〕許可なく改葬するとどうなるか

改葬許可はなぜ必要なのか? 既にお墓や納骨堂に埋蔵、埋葬、収蔵された遺骨や遺体を別の別の墓地や納骨堂に移すことを改葬と呼びます。 改葬は墓じまいの手続きをされた方にとっては聞き覚えがある言葉かと思います。 以前、分骨との関係で記事にしたことがありました。 この改葬...

〔民間墓地と違う?〕公営墓地における墓地使用権取消

〔民間墓地と違う?〕公営墓地における墓地使用権取消

公営墓地の無縁墳墓 公営墓地と民間墓地で無縁墳墓の対応がどう違うのか。 使用される方の大半は意識することがありません。 一つ大きな違いを挙げるとすれば経営者が自治体か宗教法人かという違いですが、この違いは大変大きなものです。 公営墓地の場合は自治体が所有する公共財産になり...

〔墓地台帳〕行政が持つ許可済墓地の情報

〔墓地台帳〕行政が持つ許可済墓地の情報

墓地台帳 墓地台帳ってご存知ですか? 墓地の許認可に関われている自治体職員の方は聞き覚えがあるかもしれません。 墓地や納骨堂の経営許可が出たものの記録を記しておくための書類です。 「墓地台帳」というとよく檀家名簿のようなものと勘違いされる場合があります。 一部ではそ...

〔墓地使用権〕契約解除できるケースとは

〔墓地使用権〕契約解除できるケースとは

墓地使用権の契約解除 寺院境内墓地でも事業型の霊園でも墓地使用者が負うべき義務を怠ることがあれば「もう使用しないでください」と言われることがあります。 言われなくても書面で通知が来たり、そもそも通知や連絡もない場合もあります。 墓地使用権が解除されるということは、今使用されている墓地が...

一時収蔵できる納骨堂がある

一時収蔵できる納骨堂がある

東京都営の一時収蔵施設 お墓よりも安価で天候に左右されずに納骨や法要ができるのが大きな特徴である納骨堂です。 お墓と納骨堂の違いは以前もこのブログでお伝えしています。 納骨堂というと最近では無期限で預けるというところが多くなってきていますが、期限を区切って一時的な利用が...

〔墓地の抵当権設定〕財産処分に当たる?

〔墓地の抵当権設定〕財産処分に当たる?

墓地に抵当権設定 宗教法人に限らず墓地の許認可を取得する際、土地に抵当権が設定されてないことが条件とされているところが殆どです。 抵当権が設定されていると許可が取得できない理由は、抵当が実行されると競売にかかり土地の所有権が他者に移ることが懸念されるためです。 他者に移ることで、新たな...

〔墓参り代行〕依頼する前に注意すべきこと

〔墓参り代行〕依頼する前に注意すべきこと

墓参り代行 間もなく4月、異動の時期です。 異動になると引っ越しを伴う方も多く、そのためお墓から遠方になってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。そういう方は時間と経済的な理由でお墓参りの頻度が減ることがあります。 異動される方に限らず、高齢で墓参りに通うことが辛くなることもあ...

〔代表役員と責任役員〕どういう役職なのか

〔代表役員と責任役員〕どういう役職なのか

代表役員と責任役員 宗教法人を運営していると必ず代表役員や責任役員という役職名を耳にされる方は多いでしょう。 このブログでも代表役員という言葉はよく使ってきました。 宗教法人運営をしていない方にとっては責任役員って何? という疑問をもたれるかもしれません。 宗教法人...

相模原市の新火葬場立地に住民が批判

相模原市の新火葬場立地に住民が批判

新火葬場の立地に住民が批判 相模原市で新たな火葬場の選定について話題になっています。 日本では埋葬、いわゆる土葬というのは死亡者全体の1%もなく火葬場はお墓との関係では極めて重要な施設です。 この施設についてはお墓同様に墓地、埋葬等に関する法律で規制されています。 墓地の...

〔従たる事務所〕墓地の設置には布教拠点が必要という話

〔従たる事務所〕墓地の設置には布教拠点が必要という話

主たる事務所と従たる事務所 宗教法人が墓地の経営許可を取得する条件として様々なものがあり解説しているのですが 布教拠点が必要というものがあります。 一般的な寺院境内墓地であれば境内建物の傍に墓地があるケースが多く布教拠点と墓地(納骨堂)は一体となっているところが多いです。 ...

〔臨終から火葬まで〕死後24時間以内の火葬が禁止されている理由と例外

〔臨終から火葬まで〕死後24時間以内の火葬が禁止されている理由と例外

死後24時間は火葬厳禁? 業界に身を置かれている方にとっては常識ですが一般には意外と知られていないことの1つとして死亡後24時間以内は埋葬、火葬が禁止されているというものがります。 このルールは墓地、埋葬等に関する法律に明確に規定されています。 墓地、埋葬等に関する法律 第三...

〔墓地の権利帰属〕上知令の問題

〔墓地の権利帰属〕上知令の問題

上知令と墓地 墓そのものは日本においても古代から存在する葬送です。 人は必ず亡くなるわけですからその亡骸の取り扱いをどうするかというのはどの時代も重要な問題だったはずです。 ただ具体的に墓地の統制をとり、ある程度全国一律のものとして行政が取り締まりをするようになったのは比較的最...

〔ドローン〕墓地管理の救世主となるか

〔ドローン〕墓地管理の救世主となるか

何かと役立つドローン ドローンとは自律飛行可能な小型の無人航空機のことですが、このブログを読まれている方の多くはドローンというものがどのようなものかある程度イメージが湧くはずです。 何故ならこのドローンをめぐって多くの事件、事故が起こり社会問題化したことがありました。 飛行禁止...

〔避難場所〕墓地を活用しよう

〔避難場所〕墓地を活用しよう

避難場所としての墓地 雑司ヶ谷霊園(wikipediaより) 日本は地震大国と言われるほど大小合わせれば無数の地震が発生しています。 日本列島では2016年、震度1以上の地震が6,587回観測されました。 これは1日に約18回、1~2時間に1回は日本のどこかで地震...

〔送骨〕焼骨の宅配で気を付けたいこと

〔送骨〕焼骨の宅配で気を付けたいこと

焼骨の宅配 送骨 親族が亡くなり火葬をした後、通常であれば墓地に納骨をするのが一般的です。 しかし、その墓地まで遠方で、なかなか納骨できる場所でなかったらどのような対応を考えますか? 多くは納骨まで自宅で供養するという選択をされるかもしれませんが、自宅での供養が長引いたりすると...

〔重すぎる?〕火葬する棺に手向けていた花束を持ち帰り懲戒免職

〔重すぎる?〕火葬する棺に手向けていた花束を持ち帰り懲戒免職

手向けの花束「自宅で観賞」 火葬場職員を懲戒免職 自宅で観賞する目的で火葬する棺に手向けていた花束を持ち帰った亀岡市営の火葬場に勤める非常勤嘱託の男性職員が懲戒免職になったニュースです。 今回、墓地とは話題がずれますがこのような処分が重いのか、妥当なのかという議論を呼ぶのではないかと思い...

〔お墓の相続〕税金はかかるのか?

〔お墓の相続〕税金はかかるのか?

お墓の相続 「父親のお墓を自分が引き継ぐことになったが他の財産と同じく相続税はかかるのか」 という質問を受ける時があります。 不動産や現金預金などは一般的に相続財産として課税の対象となります。 お墓は一般的に200万~300万程度します。これらは対象になるのかというのが質...

〔墓荒らし〕どう対応するか?

〔墓荒らし〕どう対応するか?

墓荒らし 墓地内での犯罪やいたずらの中でよく聞くのが墓荒らしです。 墓荒らしはお墓を破壊したり、お墓の納骨室から貴金属の遺品を盗む行為などが挙げられます。 昨年も千葉県で墓荒らしの報道がありました。 墓荒らしは日本だけではありません。 中国では文化財の転売目...

〔要申請〕墓地や納骨堂の非課税手続き、後から課税されることもあります

〔要申請〕墓地や納骨堂の非課税手続き、後から課税されることもあります

墓地・納骨堂は非課税? 墓地や納骨堂でかかる税金を非課税にすることができるってご存知でしたか? 非課税か課税になるかの違いは宗教施設であるかどうかの違いです。ではどのような税金が非課税となるのか。 その前に、宗教法人は税制上優遇されているという批判を受けるかもしれません。 ...

〔分骨とは?〕改葬との違いについて

〔分骨とは?〕改葬との違いについて

分骨 多用な葬送の広がりを受けて遺骨の扱いも時代とともに変わってきます。 手元供養をしたい、兄弟がおり分家しそれぞれの墓石を建立するため両方に両親の遺骨を納骨したいなどの理由で遺骨を分けて納骨することを分骨と言います。 何故、分骨を行うのか? 故人を身近に感じたい、感じら...