〔外国人が日本で死亡したら〕慌てないために知っておくべきこと

Pocket

外国人が日本で死亡したら

日本で亡くなるのは日本人だけではありません。

不幸にも日本への旅行中に、出張中に病死、事故死などあります。

日本人であれば葬儀場や菩提寺にお願いしていろいろお任せしたり頼ることができます。

しかし縁もゆかりもない場所で外国人の方が亡くなられるとその後は簡単なことではありません。

死亡後の流れ

そのような状況で慌てないために知っておきましょう。

火葬か土葬かの確認

日本では火葬が当たり前ですが国際的に見ると土葬が一般的です。日本は国際的に見ても特殊なのです。

そのため死亡者の遺族に火葬するか土葬をするのかを確認しなければなりません。宗教上の理由で火葬を認めていない国もあります。

土葬であればエンバーミング

恐らく土葬か火葬かで言えば大半は土葬を希望されると思いますので遺体を母国に移送することになります。

その際に必ず行うのがエンバーミングです。エンバーミングとは一言で言えば遺体の防腐措置です。

具体的にどのようなことをするのかはこの記事ではなかなか書けないのですが鈴木葬儀社さんのサイトで丁寧に解説しています。

エンバーミングの手順の説明を致します

エンバーミング処置が終われば航空便で貨物として運ぶことになります。人間は亡くなると悲しいかなモノの扱いになってしまいますので貨物輸送の扱いになるのです。

書類上の手続き

帰国に際して必要な書類は各国により違ってきますが概ね以下の3点が必要です。

  • 故人のパスポート
  • 死亡診断書
  • エンバーミング証明書(エンバーマー宣誓供述書)

この他にも遺体受入れする国により必要な書類がありますので確認しましょう。

日本国内で火葬する場合

故人が生前に火葬を希望していたケースもあります。

その際は、その国の在外公館(領事館や大使館)に対して死亡の届出を行い埋火葬証明書の発行をしてもらわないといけません。

しかし埋火葬証明書の発行には時間を要するケースが多いようです。そのため海外に遺体を移送する方法が取られることが多く、その際はエンバーミング措置や空輸費用等で多額の費用がかかります。

まとめ

  • 外国人が日本国内で亡くなった時は火葬か土葬か、母国へ輸送するのかなどの確認が必要
  • その上で、火葬するのであれば埋火葬許可証を取得することになるが時間を要する場合が多い
  • その為、母国に移送するケースが多いが移送費、エンバーミング費用など多額になり注意が必要