〔墳墓と墓地の違い〕似てるようで全く違う?

Pocket

墳墓と墓地

世の中には似ている様で全く違う意味の言葉が存在します。

例えば元日と元旦、焼肉とバーベキュー、祝日と祭日などなど、挙げればきりがないのですが今回は墓地を専門とするブログとして取り上げたいのが墳墓と墓地の違いです。

この2つはいずれもお墓があることは共通していますが、墓地、埋葬等に関する法律では明確に違いがあります。

※当ブログでは便宜上その違いを意識し他の記事では使い分けをしてきていません

具体的にどのような違いがあるのか、また墳墓の定義についても確認し、例外的に墓碑があっても墳墓の適用を受けないケースについても見ていきましょう。

墓地、埋葬等に関する法律での定義を確認

墓地、埋葬等に関する法律におけるそれぞれの定義を確認しておきましょう。

墓地、埋葬等に関する法律 第2条

4 この法律で「墳墓」とは、死体を埋葬し、又は焼骨を埋蔵する施設をいう。
5 この法律で「墓地」とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事(市又は特別区にあつては、市長又は区長。以下同じ。)の許可を受けた区域をいう。

「墳墓」とは、死体を埋葬し、又は焼骨を埋蔵する施設のことで、「墓地」とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域のことになります。

墳墓は施設であるのに対して墓地は区域という考え方になります。

つまり、墓地は墳墓よりも広い概念で墳墓以外についても墓地に含まれることです。

例えば墓地として必要な施設と言えば墳墓は勿論ですが管理棟や駐車場、休憩所、給水場、トイレなどの付帯施設も墓地の中に含まれます。

墳墓を設けるための付帯施設も含めて行政から許可が出ます。

納骨する場所だけに許可を出すわけではありません。

そして、許可を受ける際は墓地全体の区域とその中で納骨をする墳墓の区域を区別して申請する必要があります。

※一部例外があり区別をしない自治体もあります。

墳墓としての要件

墳墓というものが具体的にどのような施設になるかについてイメージしにくいと思いますが比較的広い概念になります。

代々で利用する一般的なお墓、永代供養墓、樹木葬を始め土葬墓地まで含まれます。

ポイントは「死体の埋葬」と「焼骨の埋蔵」をするのであれば墳墓ということ。

現に、埋葬や埋蔵がなされていなくてもこれらを行う前提であれば墳墓と言えます。

では死体の埋葬も焼骨の埋蔵もしないが墓石だけが存在するのは墳墓と言えるでしょうか?

そのヒントになるのが国への茨木県衛生部長照会とその回答です。

墓地、埋葬等に関する法律の疑義について(抜粋)

(昭和三一年一○月四日 三一環発第二五一号)

(厚生省環境衛生課長あて茨城県衛生部長照会)

墓地埋葬等に関する法律の適用について疑義を生じたので、左の諸点について至急何分の御回答わずらわしたい。

一定地に墓碑を十数箇建立し、香華を供えて社会通念的には墳墓とみなされる形態となつているが、死体の埋葬と焼骨の埋蔵の事実がない場合墓地として取り扱うことは妥当でないと思うがどうか。これらの行為は、従来からの慣習として墓地としての一般観念を起さしめ、土地使用の状態からしてもまた墓碑の乱立の見地からなんらかの規律が必要と思うがいかが。

納骨はしないが墓石が存在するという場合です。

このような慣習がある地域や宗教的な考えの方は多くいらっしゃるのではないかと思われますが、これに対して回答がなされています。

(昭和三一年一一月一六日 衛環第一一三号)

(茨城県衛生部長あて厚生省環境衛生課長回答) 抜粋

当該施設が、死体を埋葬又は焼骨を埋蔵する目的をもたない限り、墓地埋葬等に関する法律第二条第四項又は第五項には該当しないものであるから、墓地として取り扱うことはできない。

しかしながら、将来、当該施設が埋葬又は埋蔵するに至つたときは、「墓地」又は「墳墓」の適用を受けることは当然である。

なお、設問後段については、よく検討することと致したい。

例え墓碑があったとしても、埋葬や埋蔵する目的を持たないのであれば墳墓として取り扱わないという考え方になりますし、墳墓がなければ墓地にもなりません。

しかし、先々、埋葬や埋蔵をするに至った場合は墳墓としての適用を受けます。

適用を受けるということは墓地として墓地、埋葬等に関する法律10条の経営許可を得なければならないということになります。

自宅の庭に墓碑だけを設置できるか

自宅の庭に墓地を作りたいという方は意外と多いようですが、基本的に個人で更に自宅でというのは認められません。

〔個人墓地〕自宅の庭に作ることはできるか?
個人墓地のこと 遠方に墓地がありなかなか参拝に行けない。 そのような状況になると墓じまいという選択を取らざるを得ないこともあります。 墓じまいするなら自宅に庭があるのでそこを墓地(個人墓地)にできないか?という考えが浮かぶのはあり得ます。 親族の遺骨であれば庭にあっても抵...

しかし、先ほど紹介した照会回答から埋葬や埋蔵さえしなければ墓碑だけであれば設置できるということになりそうです。

ただ、納骨はできませんし、いずれ納骨する際に墓地、埋葬等に関する法律10条の許可を得ようとしてもまず不可能ですのでやめておかれた方がいいでしょう。

自宅の仏壇で供養していくというのが最も経済的で合理的です。

まとめ

  • 墳墓は埋葬又は埋蔵する施設で墓地は墳墓を設けるために許可を受けた区域のことを言います
  • 以上のことから墓地は墳墓より広い概念で墳墓がなければ墓地も成立しない
  • 墳墓の定義は埋葬や埋蔵を前提としていなければ適用されないがいずれ納骨するのであれば適用を受けます

シェアする

フォローする

友達限定で非公開ブログのパスワードを配信予定

友だち追加