〔長野県上田市〕ドライブスルー葬儀場導入の是非

Pocket

ドライブスルー葬儀場の衝撃

「葬儀の参列を車で」という時代が到来しようとしています。

長野県上田市の上田南愛昇殿さんの葬儀場でドライブスルーシステムが導入されるという記事が話題を集めています。

 高齢者や身体の不自由な人らが葬儀に参列する負担を減らそうと、長野県上田市の葬儀場が車から降りずに参列、焼香できる「ドライブスルーシステム」を導入する。葬儀業界では初めての試みという。 「ドライブスル…

葬儀場におけるドライブスルーシステムとはどのようなものなのか?

ドライブスルーの参列者は専用レーンに進み、受付台の前で停車。

タブレット端末や帳簿などを使って記帳し、香典を葬儀場スタッフに渡す仕組み。

大きな窓越しに葬儀場内の遺影が見え、車内から、火を使わない電熱式の焼香を行う。

場内にいる喪主らは参列者の到着をセンサーと連動したランプの点灯で知り、焼香の様子などをモニター画面で確認できる。

葬儀場内に入らなくても自家用車から焼香ができ、喪服を着なくてもよくその場で香典を手渡せる。

このシステムは主に車の乗り降りが不自由な高齢者の方向けに考えられたようです。

このような簡素化された葬儀には多くの賛否の声が上がっています。

「ドライブスルー焼香は不謹慎だ」「葬儀をする意味を理解していない」などなど

否定的な声が多いという印象です。

しかし、このような意見についてマイノリティの意見があまり反映されていないような気がします。

葬儀の簡素化という単純な問題ではないことに気付けるかが重要です。

ブログ主の考え方

まずこのドライブスルー葬儀場について賛成か反対かという話で言えば

私は大賛成です。

なぜ今までこのようなシステムがなかったのだろうかと不思議になるくらいです。

賛成の理由は以下で解説していきますが

まず、勘違いされそうなのは全ての参列者がドライブスルー化するわけではないということ。

身体の不自由な方のために配慮されたものであること。

香典も包めば、焼香もする。車の中か葬儀場の中かだけの問題なのです。

葬儀の簡素化という問題ではありません。

葬儀は通常通り行う上にオプションとしてドライブスルーを加えるかどうかということです。

お墓参りにもこのようなバリアフリーな仕組みが求められると考えます。


お葬式って誰のもの?

そもそもお葬式って誰のために行うのか考えてみましょう

故人のもの?

遺族のためのもの?

社会のためのもの?

全て正解だと思います。

葬儀は多くの方のためにあるということをまず念頭に置いていただく必要があるでしょう。

最近は直葬と言って火葬場で簡易な少人数での葬儀が増えています。

この直葬が何故増えているかという理由は寺院と檀信徒との関係希薄化や身内だけでの葬儀が好まれるようになったことが挙げられるわけですが、もう一つあるとすれば葬儀そのものの敷居がいつの間にか高くなったことがあるかもしれません。

この敷居ですがまず大勢がいる葬儀場に出向くことの億劫さがあります。

もちろん、香典という経済的負担もあるでしょうし儀礼的なものも葬儀の敷居を高めているでしょう。

今の葬儀が小規模化している原因はこのような敷居も関連しているのではないかと考えるところがあります。

その敷居を一つ取り払うだけで、葬儀場に行ってみようという人が増えるなら良いことではないでしょうか。

今回の場合は車の乗り降りが困難な方の敷居が一つなくなりましたが、これだけでも大きな変革ですし、葬儀に参加することで1人でも多くの方が最期の別れを伝えられることになればこのシステムを構築した意味があるでしょう。

不謹慎という価値観はいずれ風化する

次にドライブスルー葬儀場は不謹慎だという意見があります。

ドライブスルーという言葉はマクドナルドやスターバックスなどのファーストフード店でよく聞く言葉です。

確かにファーストフード店を葬儀場に当てはめる表現というのは不謹慎ととられかねないところはあるでしょう。

葬儀という厳かな雰囲気とファーストフード店といまいちリンクしないのです。

この部分は改善の余地があると思います。

あくまで一例ですが「場外葬」とか「臨場葬」など、葬儀に相応しい表現・言葉が造られるといいのではないでしょうか。

しかし不謹慎という価値観はいずれは風化するものです。

日本における葬儀の歴史を小さなお葬式さんがまとめたページがあります。

現代の葬儀といえば通夜と葬儀・告別式を行ったうえで火葬するのが一般的な流れです。では大昔の縄文時代や明治時代などの他の時代には、どのような葬儀が行われていたのかご存知でしょうか。時代が変わると「死」への考え方も変われば宗教が葬儀に与える影響の大きさも異なります。今回は時代を追って変化してきた葬儀内容をご紹介します 「小...

時代時代で葬儀の様式が変化しています。

土葬がなくなり火葬が大半になったり、喪服が白から黒になったりという変化がありました。

その都度「不謹慎だ」と言ったかどうかは分かりませんが…

それぞれに時代背景があって何らかの必要性があった変化に過ぎません。

今回のドライブスルー葬儀場もいずれは当たり前になり…

もしかすると、新聞でのお悔やみ欄にはドライブスルー焼香対応かどうかが記載されるようになったり、ドライブスルー葬儀場対応のタクシーが出てきてお経が読める乗務員さんを選べたり、乗務員さんが焼香を代わりに手渡してタクシー代で精算できたり、葬儀後の食事も車内でできたり…

そうこうしていると誰も葬儀場に行くことがなくなり、1日に複数箇所で小さな葬儀を行うような移動式葬儀場が一般的になるかもしれません。もはやドライブスルーではありませんが…

そんな時代が来ても不思議ではないでしょう。

ドライブスルー納骨堂は出てくるか?

この発想こそが不謹慎の極みなのですが、墓地の業界でも今後あるとすれば納骨堂でのドライブスルー法要が出てくるのではないでしょうか。

寺院や納骨堂をより身近に感じてほしいという考えがあればそのような取り組みをされる寺院が出てくるかもしれません。

また死後に少しでも多くの方に来てほしいと思われればそのような納骨堂を選ぶ方はいらっしゃるでしょう。

納骨堂の施設類型の中でも機械式納骨堂というものがあります。

これは故人のご遺骨を人ではなく機械が特定の場所に運んでくれる画期的な仕組みです。

これも当初は不謹慎という批判を受けていますが、今ではこの批判も落ち着いた感があります。

やはり一つの納骨堂で多くのご遺骨を収容するためにはやむを得ないという考え方や納骨を依頼されたら断れないという感情も広がっているのではないでしょうか。

であれば一人でも多くの方に葬儀場へ足ではなく「車」を運んでいただくことも、いずれは受け入れられるのかもしれません。

最期にお断りですが供養する気持ちはドライブスルーであっても持つべきものです。

その気持ちが持てないようなものになるならないほうがいいでしょう。