〔墓地使用権の侵害?〕自分が買った墓地に他人の墓石が建立されてたら

Pocket

墓地使用権が二重に設定されたら

墓地と墓石はセットで購入するケースが多いです。

寺院境内墓地では早めに墓石を建立することを求めてくることがあります。

実際、墓地を購入してから一定期間内に墓石の建立を求める墓地使用規則があるのは事実です。

しかし墓地を買ったらしばらく墓石はいらないという方もいるでしょう。

そういう時に起こり得るトラブルが墓地使用権(永代使用権)の二重設定です。

二重設定とは別々の使用者に同一区画の墓地使用を認めてしまうことです。

今回はもしこの二重設定に巻き込まれた場合どのように対処すればよいのかを考えていきます。

二重設定の原因

墓地使用権が二重に設定される原因は

  1. 墓地管理者のミス(過失)
  2. 墓地管理者がわざと二重売りした(故意)

この二つになるかと思います。

2の故意による二重設定は論外ですが1の過失は本当に生じるものなのでしょうか?

墓地管理者が交代するということは頻繁ではなくても交代することがあります。

その際にうまく引継ぎができていない場合が考えられます。

次に、管理者が複数名おり行き違いが生じるなどで、同一区画の墓地を別々の使用者に分譲してしまう場合などがあります。

いずれにしても墓地管理者に責任があります。

墓地使用権の考え方

墓石を設置した方が優先

先に墓石を設置してしまうと、設置してない方は諦めざるを得ません。

何故なら墓地使用権は不動産のように登記簿のような公示制度がなく、墓地使用権の場合は第三者に対抗するために墓石を建立するしかありません。

墓地使用の申し込みが先だったとしてもです。

札ではいけないのか?

墓地の使用権を第三者に対抗するという観点で言えば立札では不十分とされています。

確かに立札に使用者氏名などを書き込んでおけば既に購入されたものとして把握はできるのですが、墓地を使用しているとは言い切れません。

対処方法

このような二重設定の責任は墓地管理者にしか問えず、もう一方の権利者に対しては何もできません。

こだわりを持って購入した墓地区画が、管理者の過失で使用できなくなったとなると大変残念な結果になります。

もし使用できなくなった場合は墓地使用契約を取り消し別の墓地を探したり、同じ墓地の別の区画を代わりに使用するなど管理者側が誠意のある対応が必要になってきます。

まとめ

  • 墓地使用権の二重設定は墓地管理者側の故意・過失などで起こりうる
  • 墓地使用権は先に墓石を建立しないと一方の権利者には対抗できない
  • 二重設定の責任により墓地の使用ができなくなった責任は墓地管理者が負う。