「 」一覧

納骨堂をテーマに墓地研究会セミナーを開催しました

納骨堂をテーマに墓地研究会セミナーを開催しました

納骨堂をテーマにセミナーを開催 昨日、6月25日(火)に7回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「納骨堂の定義と摘発事例」で今回の講師は墓地研究会の研究員とリーガルフォーワン株式会社の高橋恭弘代表にお話し頂きました。 高橋代表は昨年1...

次回のセミナーは「納骨堂の定義と摘発事例」

次回のセミナーは「納骨堂の定義と摘発事例」

墓地研究会セミナーのご案内 墓地研究会では「墓地、埋葬等に関する法律」いわゆる墓埋法と毎回異なるテーマの2部構成でセミナーを開催しております。 お墓に関わられている業者様は勿論のこと、宗教法人の関係者様もご参加いただけます。 今回は樋口亜耶研究員による「納骨堂の定義と摘発事例」...

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地研究会セミナーを開催しました

土葬をテーマにセミナーを開催 5月30日(木)に6回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「土葬の現状と規制の在り方」で今回の講師は墓地研究会 研究員の久保田でした。 土葬から火葬に移行していった理由を宗教的な見地と法律、条例等...

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地研究会セミナーを開催しました

僧侶の労働問題をテーマにセミナーを開催 4月26日(金)に5回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「宗教における労働と奉仕の境目を考える」 講師は社会保険労務士の松下奈央先生でした。 全体の流れは宗教に携わる労働者数などの統計や...

墓地研究会セミナーのご案内(4月26日)

墓地研究会セミナーのご案内(4月26日)

墓地研究会セミナーのご案内 墓地研究会では「墓地、埋葬等に関する法律」いわゆる墓埋法と毎回異なるテーマの2部構成でセミナーを開催しております。 お墓に関わられている業者様は勿論のこと、宗教法人の関係者様もご参加いただけます。 今回は社会保険労務士の松下奈央先生をお招きし「お寺さ...

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地の法律問題をテーマにセミナーを開催 3月26日(火)に4回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「墓地の法律問題」でした。 後半の約1時間半、弁護士の中川由宇先生に近年増加している散骨や送骨サービスなどの新たな葬送についての法律的な見解をご...

「墓地経営・管理の指針」 研修会の必要性を問う

「墓地経営・管理の指針」 研修会の必要性を問う

「墓地経営・管理の指針」から20年という節目に 墓地、埋葬等に関する法律が施行されて約70年。 長い年月が経過していますが、それまでに様々なことがありました。 その中で大きな出来事の1つとして施行されてから52年、厚生省生活衛生局長から都道府県知事、指定都市市長、中核市市長宛に...

墓地研究会セミナーのご案内(3月26日)

墓地研究会セミナーのご案内(3月26日)

墓地研究会セミナーのご案内 墓地研究会では「墓地、埋葬等に関する法律」いわゆる墓埋法と毎回異なるテーマの2部構成でセミナーを開催しております。 お墓に関わられている業者様は勿論のこと、宗教法人の関係者様もご参加いただけます。 今回は弁護士の中川由宇先生をお招きし墓地で起こりやす...

ぼまいほうセミナーを開催しました

ぼまいほうセミナーを開催しました

ペット霊園とペット信託 2月21日(木)に3回目のぼまいほうセミナーをウィングス京都で開催させていただきました。 今回のテーマはペット霊園になりますが、約30分程、遠山行政書士事務所の遠山先生にペット信託の説明をしていただきました。 遠山先生の事務所の紹介は↓ ...

〔礼拝用建物〕借金返済ができず境内建物が差押えされることはある?

〔礼拝用建物〕借金返済ができず境内建物が差押えされることはある?

宗教法人への差押え 宗教法人の資金というのはお布施が自動的に入ってくるものでなければ、それが将来も保障されるものではありません。 収益を目的とする法人ではないために自助努力がなければ立ち行かなるところもあります。 そのため、何か事業を行おうとするときには借り入れで賄うケースとい...

〔宗教法人売買〕仕組みとおススメできないわけとは?

〔宗教法人売買〕仕組みとおススメできないわけとは?

宗教法人売買とは一体… 宗教法人の売買について耳にしたことはありますでしょうか? 検索サイトで「宗教法人 売買」と打てば宗教法人を売買仲介するサイトが出てきます。 実際に宗教法人を売買するとはどういう意味なのか? 更には宗教法人売買がおススメ出来ない理由をお伝えします。 ...

〔宗教法人の事業〕アイドルや映画事業を始める時に押さえておくべき手続きとは?

〔宗教法人の事業〕アイドルや映画事業を始める時に押さえておくべき手続きとは?

宗教法人とアイドル事業 昨今、一部の宗教法人でアイドルや映画を一つの導線として布教活動を行っているという話を聞きます。 宗教法人が所有する境内建物(本堂など)で女性が踊りや歌唱などのパフォーマンスをしたり映画を通して教義を広め理解を深める活動で実際はさほど数は多くはないのですが、やは...

ぼまいほうセミナーを開催しました

ぼまいほうセミナーを開催しました

使用者不明墓地をテーマにセミナーを開催しました 1月17日になりますが2回目のぼまいほうセミナーを開催させていただきました。 今回のテーマは「使用者不明墓地」でいわゆる無縁墳墓の改葬についてどのような流れで、どのような手続きが存在するかを解説させて頂きました。 今回は1回目とは違い、石...

〔臨終から火葬まで〕死後24時間以内の火葬が禁止されている理由と例外

〔臨終から火葬まで〕死後24時間以内の火葬が禁止されている理由と例外

死後24時間は火葬厳禁? 業界に身を置かれている方にとっては常識ですが一般には意外と知られていないことの1つとして死亡後24時間以内は埋葬、火葬が禁止されているというものがあります。 このルールは墓地、埋葬等に関する法律に明確に規定されています。 墓地、埋葬等に関する法律 第...

〔墓地の設置〕住民同意は必要なのか?住民説明会後にすべきこととは

〔墓地の設置〕住民同意は必要なのか?住民説明会後にすべきこととは

住民同意は必要? 墓地に限らず納骨堂や火葬場が近隣に計画されていると分かったら皆さんどのように感じますか? お墓好きな私としては個人的に歓迎します。 近くに墓地ができればそこを利用する可能性が高いからです。 墓じまいが進んでいる昨今、墓参しにくい場所というのは敬遠されます...

〔火葬場〕施設数と法律上の定義

〔火葬場〕施設数と法律上の定義

墓地や納骨堂だけでなく火葬場についても考えよう 火葬場は墓地、埋葬等に関する法律で墓地や納骨堂と同じく規制されている施設の1つです。 墓地や納骨堂について詳しく書かれた記事は多数あるのですが火葬場について法律的、統計的な解説をしているものがほとんどないのが実情です。 墓地や納骨...

海外で死亡し火葬された方を日本の墓地に納骨することはできるのか

海外で死亡し火葬された方を日本の墓地に納骨することはできるのか

海外で火葬された家族を日本の墓地で供養したい これから墓地の購入を考えている利用者にとっては購入する前にまず誰を納骨するかというところは重要なことです。 その中に、海外にある焼骨を日本で納骨することを考えている方がいらっしゃるかもしれません。 または海外で亡くなった家族のために...

〔墓じまい〕行政書士法と改葬申請代行

〔墓じまい〕行政書士法と改葬申請代行

行政手続き代行を売りに墓じまい集客はいいのか 今やインターネットで「墓じまい」と検索すれば無数の業者が一瞬で画面に出てきます。 墓じまいを請け負う業者やその業者を紹介するサイトは山のようにあるわけですが、その中で以前から気になっているのが「行政手続き(改葬申請)を代行」「申請書の提出...

〔墓地の経営成績〕開示が前提?文化庁が宗教法人の財務諸表を不開示決定

〔墓地の経営成績〕開示が前提?文化庁が宗教法人の財務諸表を不開示決定

墓地の販売成績は開示が前提か? お寺でどれだけの墓地が販売されているか。 どれだけの収入と支出があるかなど興味がある方は多いはずです。 採算が取れているのか、運営は厳しいのかなどなど。 このような財務諸表について誰でも見ることができるのでしょうか? 宗教法人は法人税...