〔納骨堂〕墓地との違い、増加する背景と永続性について考える

〔納骨堂〕墓地との違い、増加する背景と永続性について考える

納骨堂のこと 今回は納骨堂のことを中心に書きたいと思います。 納骨堂って焼骨を保管して置く場所? 平たく言えばその通りです。 でも法律上の定義がありその定義に一致したものを納骨堂と呼びます。 今回はその定義を踏まえて墓地とどのような違いがあるか解説します。 法律上の定義 ...

〔諮問機関〕総代とは?墓地に対する影響

〔諮問機関〕総代とは?墓地に対する影響

諮問機関である総代とは 総代という言葉を聞いたことがありますか? 寺院に関わられている方は、総代を思い浮かべるかと思います。 今回のテーマはもちろんその総代が中心なのですが実際にはそれ以外にも多くの場面で使われています。 例えば、学校の卒業生代表という意味で総代という言葉...

〔墓地の二重販売〕原因と墓地管理者がとるべき対処とは

〔墓地の二重販売〕原因と墓地管理者がとるべき対処とは

墓地使用権が二重に設定されたら 墓地と墓石はセットで購入するケースが多いです。 寺院境内墓地では早めに墓石を建立することを求めてくることがあります。 実際、墓地を購入してから一定期間内に墓石の建立を求める墓地使用規則を定めているところもあります。 しかし墓地を買ったらしばらく墓石...

〔新型コロナ〕焼骨の受け入れ拒否は正当事由に当たらず差別になります

〔新型コロナ〕焼骨の受け入れ拒否は正当事由に当たらず差別になります

新型コロナウイルスにより亡くなった方の焼骨 新型コロナウイルスに感染で亡くなられた方の焼骨について墓地研究会として懸念していることがあります。 それは、焼骨の取り扱いで差別的な対応がなされる可能性があるのではないかということです。 新型コロナウイルスによる感染症で死亡した場合、死後24...

〔火葬場〕民間でも経営が可能?施設数と法律上の定義

〔火葬場〕民間でも経営が可能?施設数と法律上の定義

墓埋法の対象は墓地や納骨堂だけではなく火葬場も 火葬場は墓地、埋葬等に関する法律で墓地や納骨堂と同じく規制されている施設の1つです。 墓地や納骨堂について詳しく書かれた記事は多数あるのですが火葬場について法律的、統計的な解説をしているものがほとんどないのが実情です。 墓地や納骨...

〔宗教法人〕ZOOMで責任役員会、電子議事録はよいのか

〔宗教法人〕ZOOMで責任役員会、電子議事録はよいのか

ウェブ会議の促進、判子が不要になる時代が来る? 新型コロナウイルスの感染拡大により、外出の自粛が日本中で要請されています。 宗教活動をはじめ宗教法人運営においても大変な影響を受けていると耳にしています。 そのような中で会議の在り方や議事録の残し方にも変化が生じるのではないかと思われます...

〔宗教法人〕責任役員会議事録の閲覧を求められたら

〔宗教法人〕責任役員会議事録の閲覧を求められたら

責任役員会の議事録の閲覧には応じるべきか? 宗教法人の規模は色々ありますが、多かれ少なかれ法人内で重要な意思決定を行うことはあります。 例えば、宗教法人規則を変更する、解散する、代表役員を変更する、墓地経営を開始する時など宗教法人運営に大きな影響が生じるときは基本的には役員会を開いていること...

〔新型コロナ〕24時間以内の火葬禁止が除外、原則火葬へ

〔新型コロナ〕24時間以内の火葬禁止が除外、原則火葬へ

新型コロナウイルスと24時間以内の火葬制限 久しぶりのブログ更新になります。 今年に入ってから新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、火葬の実務についても留意すべきところが出てきています。 新型コロナの問題が表面化してきた2月から3月にかけて、以下のページの閲覧数が増大しました。 ...

墓地研究会勉強会「感染症と墓埋法」(3月31日)

墓地研究会勉強会「感染症と墓埋法」(3月31日)

墓地研究会勉強会のご案内 新型コロナウイルスをはじめとする感染症により死亡した場合の24時間以内の火葬制限やご遺体との接し方などをテーマに勉強会を開催します。 新型コロナウイルスの影響が懸念されている中でありますので、会場での消毒液の利用、咳エチケット、マスク着用、手洗いなどの励行を条件とし...

〔宗教法人法改正〕成年被後見人を理由とする欠格事由は廃止、個別審査へ

〔宗教法人法改正〕成年被後見人を理由とする欠格事由は廃止、個別審査へ

宗教法人法が改正されました 既に過去の話ではありますが「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」により宗教法人法が一部改正され9月14日に施行されました。 簡単に言うと「成年被後見人や被保佐人になったから役員になれない」という規定が見直し...

墓地研究会セミナー 「墓地再生と土地筆界についての失敗事例の紹介」を開催しました

墓地研究会セミナー 「墓地再生と土地筆界についての失敗事例の紹介」を開催しました

墓地再生をテーマにセミナーを開催 8月30日(金)にセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「墓地再生と土地筆界についての失敗事例の紹介」で今回の講師は土地家屋調査士の山田一博先生にお話し頂きました。 まず土地家屋調査士とは何をする仕事なのか...

〔訴訟詐欺?〕枚方の寺院が墓地経営の許可狙い裁判所欺いたか

〔訴訟詐欺?〕枚方の寺院が墓地経営の許可狙い裁判所欺いたか

墓地経営許可を狙い訴訟詐欺? 久しぶりの記事更新になります。 大阪枚方の方で墓地経営許可取得を狙った訴訟詐欺がニュースになっています。 訴訟詐欺というのはあまり聞きな慣れないので目に留まりました。 墓地研究会としても墓地や納骨堂を経営する際は許可を取得してくださいという話...

納骨堂をテーマに墓地研究会セミナーを開催しました

納骨堂をテーマに墓地研究会セミナーを開催しました

納骨堂をテーマにセミナーを開催 昨日、6月25日(火)に7回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「納骨堂の定義と摘発事例」で今回の講師は墓地研究会の研究員とリーガルフォーワン株式会社の高橋恭弘代表にお話し頂きました。 高橋代表は昨年1...

次回のセミナーは「納骨堂の定義と摘発事例」

次回のセミナーは「納骨堂の定義と摘発事例」

墓地研究会セミナーのご案内 墓地研究会では「墓地、埋葬等に関する法律」いわゆる墓埋法と毎回異なるテーマの2部構成でセミナーを開催しております。 お墓に関わられている業者様は勿論のこと、宗教法人の関係者様もご参加いただけます。 今回は樋口亜耶研究員による「納骨堂の定義と摘発事例」...

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地研究会セミナーを開催しました

土葬をテーマにセミナーを開催 5月30日(木)に6回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「土葬の現状と規制の在り方」で今回の講師は墓地研究会 研究員の久保田でした。 土葬から火葬に移行していった理由を宗教的な見地と法律、条例等...

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地研究会セミナーを開催しました

僧侶の労働問題をテーマにセミナーを開催 4月26日(金)に5回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「宗教における労働と奉仕の境目を考える」 講師は社会保険労務士の松下奈央先生でした。 全体の流れは宗教に携わる労働者数などの統計や...

墓地研究会セミナーのご案内(4月26日)

墓地研究会セミナーのご案内(4月26日)

墓地研究会セミナーのご案内 墓地研究会では「墓地、埋葬等に関する法律」いわゆる墓埋法と毎回異なるテーマの2部構成でセミナーを開催しております。 お墓に関わられている業者様は勿論のこと、宗教法人の関係者様もご参加いただけます。 今回は社会保険労務士の松下奈央先生をお招きし「お寺さ...

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地研究会セミナーを開催しました

墓地の法律問題をテーマにセミナーを開催 3月26日(火)に4回目のセミナーをキャンパスプラザ京都にて開催させていただきました。 今回のテーマは「墓地の法律問題」でした。 後半の約1時間半、弁護士の中川由宇先生に近年増加している散骨や送骨サービスなどの新たな葬送についての法律的な見解をご...